ハイキュー204話確定ネタバレ予想!第2セット勝敗の行方は?

どうも、ハイキュー大好きキュー太郎です。

今日もハイキューの最新ネタバレ情報をお届けしていきます。

前回のハイキューのネタバレを振り返りながらまとめると

  • 駒のエースとして相手のアタックを拾い、自ら決めた山本
  • 試合は進み山本のアタックはブロックされるも…主審の笛が鳴る
  • 線審の判定を見事操る戸美
  • 戸美の反撃が始まり、気付けば音駒20ー20戸美
  • タイムからタイムアウト!沼井がサービスエースを決める

なんとも言えない、戦術というか戦略というかという山本からのストレートで試合がきまるか?と思いきや戸美の意地が伝わる前回でした。

まだまだ試合が長引きそうな戸美vs音駒。でもやっぱり気になる!ハイキュー、楽しいですからね!

一体ハイキュー204話の確定ネタバレはどのような展開が待っているのでしょうか?

ここでは一足先にハイキュー204話の確定ネタバレを予想してきたいと思います。

※確定ネタバレは分かり次第、追記します。

ハイキュー前回の感想から204話のネタバレ予想

前回の確定ネタバレを振り返ると山本の懇親のストレートがあったのでそのまま試合が決まる方と思いきや・・・

戸美の粘り強い猛攻により苦戦を強いられる展開が待っていましたね。

キュー太郎的にはマジかッ!戸美、くそ~

って感じでしたが、第2セットの終盤から戸美はせこい手を使ってでも、勝ちたい!

という2セットも大事さと戸美の底力が見えた場面だったなと感じました。

苦戦を強いられる音駒。

前回の流れから次回のハイキュー204話の確定ネタバレを予想するなら

  • 音駒と戸美の攻防戦
  • 音駒が2セット目奪取

といった流れが待っているのではないでしょうか?

さすがに次回は2セットめの結果は分かると思います。

そしてこの決着のあり方が勝負の分かれ目の1つになるのではないでしょうか。

うん、そうなって欲しい!笑

キュー太郎的には「もうそろそろ出てこようぜ!烏野高校!」

なので204話まで戸美の戦術ソワソワしちゃう会になるのではと予想しています。

勝っても負けても1つの勝負の展開が傾くこの場面。

重要なセットポイントは一体どちらの手にいくのでしょうか?

気になる204確定ネタバレ、要チェックです。

※4月25日発売のジャンプは合併号での発売になります。

ハイキュー204話の確定ネタバレ

ハイキュー204話の確定ネタバレは現在調査中です。

有力な情報が入り次第、追記しますので今しばらくお待ちください。

お待たせしました。

ハイキュー204話の確定ネタバレが分かりましたので簡単にまとめてご紹介します。

・サービスエースを沼井が決め、戸美が音駒を逆転

・音駒20ー21戸美。盛り上がる戸美応援席

・次のサーブを打つ沼井。ちゃんとミートしなかったものの・・・大将「(イイコース!!)」

・コート隅へのサーブに飛びついて上げる海

・福永は隅へとコースを狙ったアタックを打つ。

・アウトの判断をした赤間だったがアタックは入る。

・まだまだ余裕の表情の猫又監督は軽ーく拍手をしながら言う「ナイスコォース」

・沼井に替わって先島が入る。コート内の皆に言う沼井「頼むぞ」。

・力強く頷く大将達。

・音駒のサーブをレシーブする大将「オーライ」。先島はライトの大将にトスを上げる。

・さっきの沼井の言葉 “俺達はまだ終わんねえよ” が大将の脳裏をよぎる。

・黒尾のブロックが高く伸びてくる。大将は切り替えたのか、ストレートに打つ。芝山が反応してレシーブする

・すぐさま助走をとる黒尾。ブロックに跳ぶ背黒だったが…黒尾はここで1人時間差を決める!!

・ブレイクして再び音駒がリードを奪う。音駒22ー21戸美

・大将がフェイントで前に落として決める。リエーフ「あ”ぁ”あ” 腹立つっ…!」22点で同点の両校

・福永のアタックはブロックの手に当たったものの相手コートに落ちて音駒の得点

・次は黒尾サーブで芝山に替わってリエーフ。先島のトスは背黒へ。速攻に遅れた感じでリエーフの手に当たる

・しかし勢いは◯されておらず、後ろにいた黒尾の手をはじいて決まる

・痛み…が走ったような表情の黒尾は舌打ちして手を押さえる。黒尾の方を見る主審「…?」

・黒尾「クソ 芝山!一瞬頼む、爪やった ちィ止める」 芝山「! ハイ!」

・黒尾に替わって芝山がコートインする。芝山「灰羽くん!!」リエーフ「! あ!?」

・芝山「僕、後ろに居るから!」リエーフ「?? え? ああ、うん!」

・声を出す戸美応援席「向こうのキャプテン引っ込んだぞ!?」

・「あのバックアタック無いうちに一気にセット取れー!!」リエーフ「(うるせえ 俺が居んだよ!!)」

・ブロード攻撃で決めるリエーフ。ここで音駒がマッチポイントを握る

・トスはレフトの潜へ。ブロックに跳ぶリエーフ「(俺が 止める!!)」。腕を振り回すリエーフ。

・潜はそれに冷静に対応してクロスに打つ。芝山が触るも上げきれずデュースに。

・沼井「…くそ うめえな」控え選手「いいぞ潜ー!!」

・頭を下げる芝山「スミマセンッ」。山本「次次!」。海「次1本!」

・芝山「(反応できない球じゃない よく見るんだ、よく…!)」

・リエーフ「(なんで芝山が謝るんだろ?サーブミスを除いたら“誰か1人のせい”って事なかなか無いでしょ)」

・リエーフ「(…なんだ俺 わかってんじゃん“チームワーク” ってどっか精神的なモンって思ってた でも ”誰かのせい” って簡単に言えないのは文字通り、プレーは全部 “繋がっている” から)」

・さっきの芝山の言葉 “僕、後ろに居るから”そして試合序盤の夜久との会話が脳裏をよぎったリエーフ

・夜久 “リエーフゥゥ!!腕ぶん回すんじゃねぇえ!!取り辛いだろうがァア!!”

・リエーフ “でも夜久さんは絶対拾ってくれるじゃないですか!!”

・リエーフ「…夜久さんじゃ ねえよ」

で終わりになります。

黒ファンとしてはまずは嬉しい!

ブロックで大将に大きなプレッシャーを与えたり、1人時間差を決めたりと活躍を見せましたが!

爪をやってしまい、コートを出ましたね、う~ん、爪は大丈夫?ちょと心配ですが・・・

替わって芝山!「僕、後ろに居るから!」という言葉!仲間って大切なんだなぁとリエーフから仲間意識を芽生えさせるシーンが描かれている所を見ると・・・

どこまでリエーフをこの試合で成長させるのか!と気になる今日この頃でした!

 

まとめ

 

今回の内容では、スコアは「デュース」です。

メンタル面でも成長したリエーフの覚醒で第2セットは音駒が決めそうな予感。

後、忘れてはいけない潜!今回見せてくれた慣れない感じのガッツポーズ!!

なんかじーんっとしちゃいました。

さてさて、まだまだ続きそうなこの戦い。

激戦の音駒VS戸美の戦いからまだまだ目が離せません。

また今回もカラーが扉絵に入っています、内容が部活帰りの烏野メンバーです。

ちなみに前回がリエーフのきれいな~女子かっ!ていうような画像でしたが今回は青春って感じでまたよかったですよ~

早く本編の方でも、烏野メンバーの活躍している姿が見たいですね・・・

SNSでもご購読できます。

コメントを残す