ハイキュー影山のプロフィールや名言がしびれる件

どうも、ハイキュー大好きキュー太郎です。

今回はハイキューのもう一人の主人公影山の魅力をお伝えする為に!

影山のプロフィールや名言をまとめてみることにしました。

影山について知りたい方は是非チェックしてみてくださいね。

影山のプロフィールまとめ

影山飛雄 かげやまとびお
クラス 烏野高校1年3組
ポジション セッター(S)
誕生日 12月22日
身長 180.6cm
体重 66.3kg
好物 ポークカレー温卵のせ
最近の悩み 動物に嫌われている様な気がする

影山の基本的なプロフィールはココまで。

見た目は黒髪でクールでイケメンな影山、目つき悪いけど。

ですがバレーの実力はピカイチで「コート上の王様」の異名を持っています。

鳥野高校のもう1人の主人公といわれる影山とはハイキューの中で一体どのような人物なのでしょうか?

プロフィールを元に過去から現在までの流れを見ていきましょう。

 

影山の過去から現在について

 

【中学時代】

ハイキューのもう一人の主人公、影山。

中学は北川第一中学出身で中学3年の時に出場した大会でハイキュー主人公の日向と初めて出会います。

ここらかハイキューの影山の物語が始まっていくこととなります。

影山は、日向の高い運動能力に感心する一方、その能力を活かしきれていないことにイライラ。

影山には日向がダイヤの原石のように見えているようです。

 

【高校時代】

そんな中学時代を経て烏野高校に入学すると、なんとそこにはあの時であった日向との運命の再会!

入学当時、出会った時の印象が悪く、はじめは口喧嘩が絶えない日々。

まずこの時の名言というか多いセリフは

「ボゲェ!!」

の一点張り。

まさに日向の能力の活かし切れてない点にイライラ感がみえますね(笑

そんなもったいない日向にバレーに対し、影山は

  • 正確すぎるトス
  • 高い視察眼

など能力の高さは折り紙つき!

まさに「コート上の王様」です。

ですが、そんな「コート上の王様」も物語当初の性格は非常で独善的で上記の異名は中学時代のチームメイトが皮肉でつけています。

その由来としては、きつい性格が災いした結果、中学最後の県大会決勝戦では、上げたトスをチームメイト全員に無視され、誰にも触れられなかったボールはそのまま地面へ。

その後ベンチに下げられこの時の出来事が影山には相当堪えているようで、軽くトラウマ気味に。

影山の才能は自身の性格により殺されることに。

過去のトラウマもあり、その後、烏野に入学後、日向とコンビを組で戦うスタイルを確立していくようになり、チームプレイを重視するように成長していきます。

成長の過程で「ナイス」を噛む、ハイタッチを求められている事に気づかず怒られる等、チームメイトとのコミュニケーションに難あり。

名言というかセリフも影山「よくやった」日向「上司か!」と突っ込まれる場面もw

実力はピカイチながらも性格は難ありな影山ですが自分のポジションであるセッター、強い誇りを持っています。

それを伝える名言として

「支配者っぽくて1番かっこいいだろうが!!」

と言うシーンが面白いです。

作中での位置づけは「天才」であり、トス回しのセンスはずば抜けています。

バレーにはピカイチな影山ですが実は唯一の弱点が・・・それがお勉強(笑

ただ試合に用いるサインを貰った日に覚える等もともと暗記力は高いらしく、真面目に勉強すればそれなりの成績は収められる様子で、それを部長の澤村に指摘されています。

結構、自己中の性格のようです(笑

基本的にバレーバカなのでバレー以外の事には無頓着気味だが、「ヒーロー」という言葉に反応を示したりと、少年らしい一面ももっています。

影山の過去から現在の流れをまとめるなら

【過去】

  • バレーの実力はピカイチ
  • 性格に難あり

【現在】

  • 鳥野で協調性を勉強中
  • 性格はバレーバカだけど少年っぽい一面も
  • 自己中にはかわりない

って感じですね。

コート上の王様という異名を持ちながらも過去には辛い経験を持つ、影山。

鳥野高校での日向との出会い、そして今は影山にとって過去を払拭し成長するかげがえのない場面といえるでしょう。

これから影山と日向のコンビが試合でどのような連携をみせるのか?

に注目が集まるばかりです。

 

影山の名言をまとめてみた

ハイキューのもう1人の主人公影山、見た目も言葉もツンツンしてるので何だかなぁと思う方も多いですがそんな影山はかなりの心に響く名言を残しています。

そこでここでは影山の魅力を伝える為にキュー太郎が心に響いた名言をまとめてみることにしました。

「そいつを倒しておれが一番長くコートに立ってやる!」

チームでこのような言葉を発してくれるとチームの士気が一気に上がりますね。

バレーしてるなら是非、一緒のチームになりたいと思う力強い名言です、しびれる!

 

「コートに残るのは勝った奴… 強い奴だけだ。勝ち残りたかったら強くなってみろよ」

日向との最初のバチバチな頃の出会いののシーンのセリフです!

これから一緒にやっていくなんて思ってなかっただろうなと思いながらも日向の心に火をつけた名言でもあります。

同じこと言われたら「くっそ~」ってなっちゃいますね。

 

「お前の1番のスピード、1番のジャンプでとべ!ボールは俺が持って行く!」

日向の瞬発力・跳躍力を生かすため特別な速攻を武器する時に生まれた名言です。

日向のことを理解している影山だからこそ言えた的確なアドバイス。

自分の強みをこのように言われたらつい「やったでぇ」ってなっちゃいます。

 

「今のトスはどうでしたかコラ」

月島へトスを上げた時に行ったセリフです。

頑張って寄り添おうとしている涙ぐましい努力を感じます。

 

実力はありながらも不器用な性格がもったいない影山。

なんだかんだで性格悪ッ!なイメージが強いですが彼は彼なりの地道に成長中です!

鳥野を引っ張る男として日向と切磋琢磨し、さらに磨きをかけて欲しいですね。

 

まとめ

 

ハイキューの影山についてプロフィールや名言を少しですがご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

影山は、とんがり性格ですけど会が増す事に丸くなってるような気もします。

影山と日向の成長は今後の鳥野の成長といっても過言ではありません。

これからも、影山・日向のペアで頑張って行ってほしいなと思います。

影山ファイトッ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す